ぼちぼち、ペンネ

WONDER

0
本てね、人に進められていい出会いがある場合もあるけれど、それは稀なことコラムなどで書評や感想などを参考にしていたとしても実際に自分が興味を惹かれたものがやっぱりちゃんと読めるというそのときなんだな…と、つくづく思う。活字中毒のサキねぇさま曰く、図書館及び本屋では無数の本が並んだ棚の前に立つとさしてお目当の本を探しているわけでもなくとも向こうから(本のタイトルが)目に飛び込んできて、読むべき本がすぐ...