Welcome to my blog

ぼちぼち、ペンネ

「のんびり・少しずつ」ぼちぼちと綴っていきます。

 お爺ちゃん♪

11月になると、11月11日生まれの祖父のことを思い出す。大好きでした。
明治26年(西暦1893年)生まれの祖父は、86才で亡くなるまで大きな病気もせず、
最後は寝込んだものの、あまり迷惑をかけずに老衰で亡くなりました。

祖父は山形の大きなお屋敷で生まれて乳母に育てられた、言えば御坊ちゃまです。
その後大人になる頃には家は衰退、斜陽族となりました。
三つ子の魂百までと言われるように、ほわぁ〜んと育ったせいなのか、
ハングリー精神は皆無・・・・その分、奥さん(祖母)がしっかりしなければならないという
大変なこともあったようです。そして祖母の死後、早くに隠居生活に入り、父や母が働きました。
でも祖父は、誰にも優しく穏やかな人でしたので、みんなから好かれていたと思います。

父と母は共働きで忙しくしていたので、私は祖父に育てられたのです。

私がまだ幼い頃(3~4才)、祖父に連れられて、親戚(叔父や伯母)の家に数日ずつ泊まり歩くという、
私は放浪の旅と言っているが、
そんな不思議な旅が年に一度は必ずあって、数年そういう事をしていました。
幼い私は、母がいなくともおじいちゃんと一緒だとそれで良かったのでしょう・・・

祖父1_convert_20131124222320


祖父と_convert_20131124222253
《いつも鈍行列車だった》


お爺ちゃんはイナゴの佃煮を作るのが上手でした。
カナリアとかセキセイインコなど小鳥が好きでよくお世話をしていました。
キセルで煙草を吸っていた事。
髭のお手入れはマメにして、いつも小綺麗にしていた事を思い出します。(お洒落さんだった)                  
高校の体育祭の時
「3年B組の◯◯さん、お爺さまがお出でです。受付までお越し下さい」
と、校内放送がデカデカと入り、慌てて祖父を連れてくると、
クラスの仲間が生徒の桟敷席の真ん中に祖父を座らせてくれました。
記念写真にもそのままちゃかり入って祖父はとても嬉しそうにしていました。


犬も猫もずっと欠かさず飼っていた動物好きの祖父そして父
きっと天国で飼っていた動物達と一緒に暮らしていると思う。
ペンネのことを知ったら、絶対に可愛がってくれるでしょう!
とっても賢くて良い子の自慢のペンネだもの 
どうかお爺ちゃんお父さん、天国からよろしく見守って下さい。
                                                     
RIMG0002_convert_20131011232036.jpg


                                                     
                                                     


最後まで、退屈な話におつきあい、ありがとう 
次回もよろしくね                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
スポンサーサイト

6 Comments

ピーちゃん大好きっ子  

P母もおじいちゃんっ子やったのですね、実は私もです!!私の場合は小学4年の時に亡くしましたがが。
最近は、なかなか出てきてくれませんが、高校の時は母の手術前とか夜中によく出てきてくれていっぱい話しました。誰も信用してくれないのですが、本当にちゃんと会話したのです。
今でも私のことを絶対みまもってくれていると思います。

大好きなおじいちゃんとの旅は楽しいですね、大切な大切な思い出いっぱいですね。
私も、新幹線開通して直ぐにおじいちゃんがのせてくれました。幼いながらとっても嬉しかったなぁ

P母はおじいちゃんと顔似ていますか?
私はそっくりだとよく言われてました。

2013/11/26 (Tue) 15:12 | EDIT | REPLY |   

かれんぱぱ  

昔の男子は、おしゃれでしたよね~。
亡き父も、ビンボーなのに、帽子やらコートやら、舶来品を着てました(笑)。

ペンネ母さんも、士族の末裔なんですねぇ。
そう言えば、気品がありますもの。v-398

2013/11/26 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

さちこジュンス  

こんばんは~。 いいねぇイラスト・・・昭和の香りぷんぷん。
ドンコウって今言わないよね。
私はおじいちゃんがいなかったから、義父の馬左奈さんが
そんな感じやった。

小さい頃のとても美しい思い出。小さいころのペン母が何故かペンネに
見えるのは、私だけか・・・

2013/11/26 (Tue) 23:58 | EDIT | REPLY |   

ペンネ母  

Re: タイトルなし

ピーちゃん大好きっ子さんへ

P大さんもおじいちゃんっ子でしたか・・・・
天国のおじいちゃんとお話しした話☆ペン母は信じる!じぇったい!!
だから今度、その話教えてね〜♪
はい。おじいちゃんに似てるって言われてました。
なんかね〜おじいちゃんの所にだんだん近くなって来たのかな?
変な話だけど、お墓はおじいちゃんの方に入りたいの☆ ダメかな?

2013/11/27 (Wed) 10:07 | EDIT | REPLY |   

ペンネ母  

Re: タイトルなし

かれんぱぱさんへ

いえいえ〜
たどればどの方も何かしら同じような話が有るはずで、珍しくもないことです。
ただ、祖父の脱力モードのDNAだけいただいてしまいました。
(脱力にも程があるらしい・・・・)

かれんぱぱさんのパパ♪
モダンなお父様だったのですね〜☆☆☆ 

2013/11/27 (Wed) 10:25 | EDIT | REPLY |   

ペンネ母  

Re: タイトルなし

さちこジュンスさんへ

あはは、まるでちびまる子ちゃんと友蔵じいちゃん
あのコンビをもっと緩くした感じ!かな
ドンコウにお茶にトンネル(旅の思い出のベスト)
トンネルを抜けるとそこは真っ黒だった(雪国ちゃいますねん!)
鼻の中・・・・ね♪

2013/11/27 (Wed) 10:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment