Welcome to my blog

ぼちぼち、ペンネ

「のんびり・少しずつ」ぼちぼちと綴っていきます。

 ちょっと言うてみた…

あれよあれよと、人生の折り返しもとうに過ぎて、急な下り坂に!

「人生下り坂最高!」なんてどこかの番組の自転車のおじさんが言ってたけど、

「最低」の時もあるんだなぁ〜 それが。

IMG_0578_convert_20160605003815.jpg


家族構成、人間3名 犬1匹   
その3名のうち 1名は双極性障害Ⅱ型 
1名はADHDとアスペルガー合併(本人、軽い躁鬱とも断言)
残り1名は、定型(辛うじて健常者?)

勘のいい方ならば察しがつきましょう!
ええええ、話によっては、はちゃめちゃにこんがらがっちゃうの…

双極性障害(躁病の極とうつ病の極の両方をもつ気分障害という意味)は、
気分のバランスが両極端に振り切れ、同時に体調も安定しないという特徴なので、
まぁこちらとしては大変だけれど、話は通じるしむしろ感性が近くて面白い。

でも、AS(アスペルガー)の場合は、話がかみ合わない!
ASの人は、相手の表情を見て感情を察したりすることが出来ないし、
また自分の視点からしか考えられないので、自分とは違う意見を受け入れられず、
そして常に自分に非は無いのである。
十中八九、会話はスムーズに進まず、本質からずれて変なところに向い、
話はだんだん深刻になる。めんどくさいのである。
他人は「ちょっと変わった人」くらいで済ませても、日々共に暮らす者にとっては
そのストレスは半端ない…理屈では解っていてもたまらなくなって爆発する時がある。
特に情緒的な定型人間(残り1名)には耐え難い

しかしどうにもこうにも、状況は変わらない。
ひとの心を読みとるスキルがないんだもの
ここまできたら「人生下り坂最高」でも「最低」でも、受け入れるしかないのね〜

だったら、こちらだって我慢しないよ、もう。
自分流の情緒でやっていかなくちゃ、残りの人生もったいないもん
何れにしても死ぬんだからさ。
そう思ったらちょっと楽になった…p(*^-^*)q


そんな中、じゃぁ〜ん!はいこのお方↓

IMG_0577_convert_20160605003852.jpg

それぞれの調子をよ〜く観察していらっしゃる☆

言葉は発しないけれど、常に最高裁の裁判官であり、
エル・グレコ描くマリア像よろしく…慈愛の目を向けてくれる。

IMG_0575_convert_20160605003955.jpg



「最低!」なんて言うのはここまでにしておこう…

平坦な毎日では無いけれど、外野席ぐらいから見てる感じでいたら、
けっこう笑えることだったりして 

双極性障害・ふたご座・血液型AB/
/これだもの、神経も細胞もバランスを崩しやすいわけよね〜
次々と休みなく思考が脳裏に湧いてきて、その後、疲労困憊。
その後、脳は思考停止、体は昏睡状態(双極=両極端の意味)
そのかわり人並み以上の感性を持ち合わせていて、ちょっと欲ばりなDNAなのだ。

ASやADHD(発達障害)/
/それなりに長所もあるの。
自分の興味や関心のあることには、誰にもまね出来ないほど夢中になれる
(嫌いになるまで同じものをずっと食べられる)
人並みはずれた集中力や好奇心がある。(何時間もトランプ占い・一人麻雀できる)
誰も思いつかないような、ひらめきを発揮することがあるのも特徴。(でも、すぐに忘れる)
気持ちが素直で、表と裏がなく、腹黒い下心などを持たない。


お庭のハーブを摘んでハーブティーを淹れましょう
少しでも穏やかな心安らぐ時間を過ごしてほしいからね〜  (ノ´▽`*)b☆





バランスがとっても大事!天秤座のペン母でした。
では、またね 






 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment