Welcome to my blog

ぼちぼち、ペンネ

「のんびり・少しずつ」ぼちぼちと綴っていきます。

 雨のクラーナハ

IMG_1342_convert_20170408235843.jpg

IMG_1348_convert_20170409003550.jpg

高めの気温が続きこの三日ほどで、一気に開花した桜だったけれど
雨でどうかな〜? 持ち堪えられるかしら…


IMG_1350_convert_20170409000658.jpg

躊躇なく川に入って水に浸かるなんて! 春だね〜 ペンネ♪




金曜日には前々から行きたかった『クラーナハ展』に行ってきた☆

IMG_1357_convert_20170408235631.jpg

500年ほど前の絵画は、鮮明な色彩と超繊細な筆のタッチで、
見る者を圧倒させられる…
その存在感は、印象派の絵画には無い凄まじさ 
こんな絵画を間近に観ることができたことがとっても嬉しい


それにしてもビックリしたのは
展示場の出口に置いてあった今回のクラーナハの代表作のレプリカは、
観光地でよく見かける顔出しパネルになっていた!

IMG_1353_convert_20170408235005.jpg

え〜っ!!!!! これを顔出しパネルにするか?

IMG_1356_convert_20170408234841.jpg
『ホロフェルネスの首を持つユディト』

ユディト(女性)の顔にしろ、ホロフェルネス(首)の顔、どっちにしても、
ちょっと置き換えて顔を出しました! で、笑えないものがある
いくら、美しい女性が適方の強靭な首領から故郷を救ったとしても
その首を剣で切り落としたのである。
信仰上の敵対勢力と闘うキリスト教的共同体を鼓舞するイメージで
ユディトを英雄的描写として見ても

これを顔出しパネルにか?
なんと悪趣味な… 

クラーナハの数々の絵画はすばらしく感動したけれど
何と言ってもこれが一番びっくりしたのである。

※と言いつつ、サキが顔パネルに…


ま、そんなことも忘れ、美術館内のレストランでの食事を美味しくいただき
次回のブリューゲル「バベルの塔」展に早くもワクワクする二人!
そして雨の中を久々の大都会大阪から、のどかな我が街へと帰った












いつもありがとうございます。
雨、…一雨ごとに暖かくなるのでしょうね
明るい色目の傘が欲しくなりました。
「雨が嫌い」をそれで変えられるでしょうか?
では、またね




スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment