FC2ブログ

Welcome to my blog

ぼちぼち、ペンネ

「のんびり・少しずつ」ぼちぼちと綴っていきます。

 春の木「椿」

日本にいるおおかたの人間の関心は『桜』

大小、有名無名、校庭裏庭、街道川沿い、神社仏閣・・・

至る所に咲き乱れて、今は目にしない時が無いくらいでしょ

にも関わらず、他所の桜が見たくなるのかな〜 みんな!

もう桜はけっこうです! と、うつむいてみても

薄ピンクの花びらが眼下に舞い落ちてくるし 

満腹感の苦手なペン母にとっては、少々落ち着かないシーズンでもある。

(´・_・`)




春の花は、桜だけではない

IMG_2095_convert_20180402195157.jpg

文字どおり春の季語でもある『椿』

青い空のもと一斉に花びらを、観る者に向けている上手な桜とは違い、

垣根か、或いは人間の背丈ほどの木に窮屈に咲き始め、花ごとボタボタと落ちる。

なんだか不器用な花・・・そういうイメージである。


4月1日(日曜日)

人だらけの宇治神社界隈をとおり抜け興聖寺の裏から大吉山へ入った。

山道には背の高い杉の木が並んでいて陽射しを遮断してくれている

ひんやりした風が吹いて気持ちがいい o(^▽^)o

高めの気温にウンザリしかけていたペンネと爺やとペン母(3高齢者)

ここで復活!しなければ、家まで苦しいよ〜〜。゚(゚´Д`゚)゚。

と、見上げれば杉の木立に鮮やかな椿の花が・・・野生の椿が美しい!

椿にこれほど感動するなんて.゚+.(・∀・)゚+.

しかし、その感動も坂道の辛さに打ち消されたゎ・・・・

ペンネに心配されながら辛い登りもやっとの事で登りきり、無事に帰還!

急な坂道を選択したのは爺やである・・・

正直、運動不足のペン母も情けないのだが


さて実は、その帰還した家にも『椿』は嫌っちゅうほど咲いている

乙女椿

fullsizeoutput_de3_convert_20180402195238.jpeg

たくさん咲いてもすぐに茶色くなるし・・・原因は雨らしい

なのでこれまで綺麗だとは思えなかったけれど

IMG_2098_convert_20180402195319.jpg

よくよく見ると、可愛いじゃない乙女ちゃん

椿の美しさを再発見した日になったかな



俳句では、花ごと真下に落ちる様子を句にしたものが多い。

「赤椿咲し真下へ落ちにけり」加藤暁台(きょうだい)

しかしこの句、そのまんまやね 


オマケ
IMG_2093_convert_20180402195728.jpg
興聖寺の大島桜の前で






夏日? 暑いはずです。
でもまた夜になるとサーっと冷え込みますし、
体調管理には気をつけましょうね☆
チャオ(^-^)/



スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment