FC2ブログ

分子レベルなのだ

ペンネ母



抱っこするほうもされるほうも、どちらも不安そう・・・

子犬の体温とか、お互いに少し無理している気持ちとかが、

今でも伝わってくるようだ。

古い写真・・・25年前の写真

まだカメラはフィルムだった頃だ。それでも何も不便なことも無く

時間の流れ、暮らしの中の機微、いい時代だったように思う。

↓これは特にお気に入りの写真だ。上の写真よりもっと前かな

IMG_2400_convert_20180904015640.jpg

色褪せてしまった写真からは、親子の会話が聞こえてくる。

それは途切れることなくずっと・・・


このころは多少医者通いは多いほうっだったにせよ健康で元気な幼少期だったね。

化石を掘に行ったり、昆虫採集に、そして釣りにも! 海に山に


分子生物学の博士である福岡伸一先生の話では、人間の体は固体ではなくて流体

分子レベルでは1年前の自分と今の自分は別物ということだ・・・ふむふむ

納得である。


あの頃から25年以上が過ぎて、

今は体にちょっと問題が発生しているけれど(ちょっとでもないか?・・)

でも日々、分子レベルで動的平衡が行われているのであれば

これから先、娘の体調も変化するものと信じたい。

そのためにも一個一個の細胞に意識を込めるように丁寧に過ごして欲しいなと思う。

丁寧は自分にも優しい風が吹いてくれる。 他人にも優しくできる。



ところで、台風のほうはどうかしら・・・・明日!






ではまたね チャオ(^-^)/
スポンサーサイト
Posted byペンネ母

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply